筑波大学 社会学類 サイトマップ [ 日本語|English ]
ホーム 学類について 授業・カリキュラム 教員 卒業生の進路 入学案内
ようこそ社会学類へ
社会学類について
専攻の紹介
授業・カリキュラム
教員紹介
キャンパスライフ
入学のご案内
卒業生の進路
授業関連情報
アクセス
サイトマップ
お問合せ
  トップページ > 各主専攻について > 経済学主専攻の概要
各主専攻について
経済学主専攻の概要

経済学への招待

 経済学は、社会科学で唯一ノーベル賞の対象となっている学問分野です。経済学の方法は、狭い意味の経済現象の分析用具として大きな成果をあげてきただけではなく、政治、法律、労使関係、家族、環境問題、都市、教育、国際関係といった他の分野にも幅広く適応されてきました。その結果、今日では、それらの分野も経済学の重要な領域となっています。
 経済学は他の人文社会科学と同様に歴史や思想を重視します。また自然科学と同様に、明確な仮定を設定し、それを客観的データを用いるなどして論理的に明らかにしていきます。
 経済学は、しばしば誤解されるような、金儲けや社会の効率化の手段ではありません。それは、現代の社会問題を客観的に、そして検証可能な形で思考するために必要不可欠な手段です。


教育方針と特色

 経済学主専攻では、経済学の基礎的な分析手法を段階的に学ぶことができるカリキュラムを設定しています。これに加え、理論や政策から歴史および現状分析に至る教育内容を設定することで、広い社会的関心をもちな がら、現代の問題を体系的にとらえる能力の養成を目的としています。
 また、他大学の経済学部と比べて教員一人当たりの学生数が少ないという特色を生かして演習(ゼミ活動)を重視しています。
 そこでは、活発な議論を通じて経済学をより深く学べるよう留意するとともに、キャンパスを飛び出して工場見学を実施したり、日本銀行や証券取引所見学を実施するなど生きた経済を学ぶための実習的な取り組みも積極的に行っています。
 さらに必修ではありませんが、学生生活の総決算として卒業論文をまとめることを推奨しています。


将来の方向と進路

 就職先は、銀行など金融業から、製造業、マスコミ(新聞記者など)、教職、公務員などさまざまな分野に及んでいます。また、研究者をめざして大学院に進学する人もいます。





卒業論文タイトル抜粋(令和元年度)
●グローカル化における中小企業経営の課題と打開策
●貧困政策における国の制度の重要性
●日本文化産業の海外進出
●ゲーム理論におけるジェンダー研究に関するサーベイ
●企業規模と価格交渉スキルに関するゲーム理論分析
●社会的共通資本の『共有地の悲劇』の可能性と経済成長
●スポーツチーム強化戦略とリーグ内競争バランス
●エージェント間の心理的ゲームを伴う契約理論の研究
●プロ野球の守備側チームの失点を防ぐ戦術に関する『部分ゲーム完全均衡』の検証
●An analysis of sequential three-stage contests with multi prizes schemes