筑波大学 社会学類 サイトマップ [ 日本語|English ]
ホーム 学類について 授業・カリキュラム 教員 卒業生の進路 入学案内
ようこそ社会学類へ
社会学類について
専攻の紹介
授業・カリキュラム
教員紹介
キャンパスライフ
入学のご案内
卒業生の進路
授業関連情報
アクセス
サイトマップ
お問合せ
  トップページ > 各主専攻について > 法学主専攻の概要
各主専攻について
法学主専攻の概要

法学への招待

 現代社会の複雑多岐な社会生活は、さまざまな法律や制度によって運営されており、人としてそこに生きる以上、好むと好まざるとを問 わず、法に関わらざるを得ません。新聞を開いてみれば、個人のプライバシーとマスコミの取材の自由の問題、少年犯罪、児童虐待の増加等、「法的」な問題 の目白おしです。また、国際化の進展にともなって、外国企業の合併や吸収、国際貢献など、外国との間で法的な解決を迫られる場面も増えています。法律とい うと、一見、日進月歩の科学技術とは異なり、固い、旧態依然というイメージがあるかも知れませんが、決してそのようなことはありません。証券取引の規制、 ソフトウェアやバイオテクノロジーの保護や規制、ネット社会特有の諸問題への対応等、新たな法現象が生じてきたこともあって、情報化・国際化の今日、法 学には、時代の変化に柔軟に対応することが求められているのです。


教育方針と特色

 法学主専攻では、ひろく法にかかわる基礎的な理論・システムの把握を教育の中心においており、そうした教育を通じて、幅広い法的なも のの見方、考え方を養うことを主眼としています。基本的な実定法を通じて、現実の法体系を学ぶことで、長い歴史のなかで培われた人間の叡知の豊かさを理解 し、その社会的役割を適正に評価することが、なによりも求められます。
法学主専攻のカリキュラムは、さまざまな実定法から、政治学・経済学・社会学・人文関係系統にいたるまで、幅広いものを含んでいます が、そうした科目の学習を通じて得られる、社会生活全体を広い視野で考察する適切妥当な観点と判断力が、まさに法的なものの見方、考え方の現れなのです。 さまざまな法分野の講義から、少人数形式のゼミナールにいたるまで、法的議論の「場」は多々用意されています。


将来の方向と進路

 卒業生の就職先は企業・団体など多岐にわたり、国内外で広く活躍しています(うち約2割が公務員)。また、卒業生の約2割が法科大学院へ進学し法曹を目指しています。





演習テーマ抜粋(平成28年度)
● 民法財産法の判例研究
● ヨーロッパにおける錯誤理論の比較法史
● 信託法に関する問題点の研究
● 株式会社の企業統治に関わる機関
● 企業統治・・・社外取締役を巡る動き
● 高校生を対象とした主権者教育教材の作成
● 死刑制度の是非
● 刑法学
● 刑事手続の重要問題
● 刑事政策にかんする諸問題
● インターネットと法
● ジャーナリズムと法
● 国家公務員、地方公務員(県庁、市役所)、法科大学院試験対策
●交渉技術の検討と実践