筑波大学 社会学類 サイトマップ [ 日本語|English ]
ホーム 学類について 授業・カリキュラム 教員 卒業生の進路 入学案内
ようこそ社会学類へ
社会学類について
専攻の紹介
授業・カリキュラム
教員紹介
キャンパスライフ
入学のご案内
卒業生の進路
授業関連情報
アクセス
サイトマップ
お問合せ
  トップページ > 各主専攻について > 政治学主専攻の概要
各主専攻について
政治学主専攻の概要

政治学への招待

 今日、私たちは政治の圧倒的な影響のもとに生活しています。実際、国際間で起こった一つの地域的なテロが全世界の市民をその渦中に 巻き込み、政府が決定した一つの経済政策の失敗が、国民一人ひとりの生活のすみずみまで浸透してきています。私たちが政治に関心をもたなくとも、政治が私 たちをとらえてはなさないのです。
政治学はこのような政治の世界を理論的、科学的、歴史的に分析し、理解し、同時に政治のあるべき姿を科学的、思想的に考察しようと する学問です。人間・集団・社会・国家に発生するさまざまな利害の対立と解決の様相を研究するこの学問にとって、「人間」に関する多様な認識と深い洞察力 は不可欠であり、そのためには、幅広い教養と専門的な知識を吸収しようとする旺盛な知的好奇心が求められます。


教育方針と特色

 政治学主専攻では、政治に関する基本的な概念、理論、歴史などを学ぶ基礎的な講義、入門演習を通して、政治学的なものの見方を身につ けます。そして、専門科目、専門演習に入って政治理論、政治思想、政治外交史、国際政治等、それぞれ自分の関心領域を決め、研究を深めます。
特に演習は、少人数、自主的運営を原則とし、テキストの輪読や興味ある研究テーマについての報告、討議を行い、その成果をゼミ論文 としてまとめることになっています。演習はまた、学生の企画、討論への参加を通して自立心を育てる場であると共に、ゼミ活動を通じて、学生同士はもとよ り、教員との相互親睦を深め、社会人としてのあり方を具体的に実践する機会を提供してくれるでしょう。


将来の方向と進路

 就職先は、マスコミ、金融、製造、不動産、サービス業、さらには国家、地方の公務員など、多岐にわたっています。最近では、企業の 総合研究所や情報関連企業に就職する卒業生も出てきています。また、大学での研究を深めるために大学院に進学する者もいます。





卒業論文タイトル抜粋(平成28年度)
●福祉国家日本における医療政策
●復興予算の実態と展望
●デンマークにおける極右台頭の要因について
●「アラブの春」はなぜ失敗したのか
●多層的ガバナンス時代の社会的連帯と生活保障の担い手としての国家
●観光立国日本とインバウンド消費
●内閣総理大臣とメディア
●中国の軍事的台頭と米中関係
●人道的介入とレジームチェンジ
●朝鮮半島における内争型分断の形成
●住民の満足度と民意の反映度の関係
●核兵器の廃絶及び軍縮問題について
●日本型大きな政府による財政再建の展望
●日本軍上層部のセクショナリズム
●日本におけるシティズンシップ教育のあり方と実践法
●エストニアの移民政策
●チェンバレンは何故、宥和外交をしたのか
●正しさについて
●池田勇人内閣のメディア戦略
●選挙制度改革後の政党システム
●アメリカの対キューバ政策
●日米安全保障条約と日本国憲法から見る日米関係