筑波大学 社会学類 サイトマップ [ 日本語|English ]
ホーム 学類について 授業・カリキュラム 教員 卒業生の進路 入学案内
ようこそ社会学類へ
社会学類について
専攻の紹介
授業・カリキュラム
教員紹介
キャンパスライフ
入学のご案内
卒業生の進路
授業関連情報
アクセス
サイトマップ
お問合せ
  トップページ > 各主専攻について > 社会学主専攻の概要
各主専攻について
社会学主専攻の概要

社会学への招待

 現代社会の様々な出来事は、思いがけないところで私たちの社会生活に変化をもたらしています。変わりゆく企業組織と家族関係の揺ら ぎ、新しい宗教現象と若者文化、外国人労働者の増加と地域社会、多様化するライフスタイルとメディア、例を挙げればきりがありません。経済、政治、文化、 技術など一見ばらばらのように見える社会の各領域も、実は相互に深く関係し合っており、そうした複雑な仕組みに眼を向けることなしには、現代社会を理解す ることはできません。
 社会学は、こうした社会の各領域の成り立ちやそこに発生する問題を、特に私たちの日常生活のレベルから解明すると共に、さらに異な る領域の間に広がる見えない関係の連鎖を、人間や組織・集団の観点から自由に明らかにすることを、課題としています。
 本学の社会学主専攻では、主として社会問題論 (国際移動・犯罪・逸脱行動)、文化論(スポーツ・都市・メディア・知識・歴史)、医療・福祉論(老いと病い・社会保障・介護)を専門とするスタッフが様々な学生の関心に 対応した社会学の「フィールド」を整備しています(「卒論タイトル抜粋」を見てみて下さい)。皆さんも、私たちが用意したこのフィールドで自由に駆けまわってみませんか?


教育方針と特色

 社会学主専攻の科目は、社会学の基礎的な概念や理論を学ぶ社会理論、データを収集し分析するための方法を学ぶ社会調査・社会データ分析、そして家族や 地域、産業、福祉・メディアなど個別分野についての社会学に大きくわけることができます。 本主専攻では、単に社会理論を教育するだけでなく、現代社会のさまざまな問題に対して自ら頭と足で取り組む能力を養成するため、社会学演習(ゼミナール)と 社会調査実習を開設しています。また国際的な視野から日本社会を学ぶことも重視しています。学生は、こうした学習の成果 をまとめる機会として、卒業論文に取り組むことになっています。


将来の方向と進路

 マスコミ・製造業・金融業・調査研究機関・サービス業などの民間企業や公務員など、き わめて多様な分野へと卒業生は就職しています。また、希望を生かして教員になるケースも あります。人文社会科学研究群(国際公共政策学位プログラム社会学分野)をはじめとする大学院に進学することに より、より専門的な研究を続ける道も開かれています。





卒業論文タイトル抜粋(令和元年度)
●是枝監督作品から見る、現代の「家族」に対する期待
●資源管理型漁業をめぐる課題
●生徒からみた教師-生徒の関係規範に関する社会学的研究
●鉄道路線の休止と復活を経た地域社会の変化
●発達障害を抱えて生きる自己の物語論的分析
●保育現場における「気になる子ども」へのまなざしと実践
●大河ドラマの誘致活動からみるコンテンツツーリズムとまちづくり
●ワインツーリズムの社会的役割と関連する人びとの相互関連性