筑波大学 社会学類 サイトマップ [ 日本語|English ]
ホーム 学類について 授業・カリキュラム 教員 卒業生の進路 入学案内
ようこそ社会学類へ
社会学類について
専攻の紹介
授業・カリキュラム
教員紹介
キャンパスライフ
入学のご案内
卒業生の進路
授業関連情報
アクセス
サイトマップ
お問合せ
  トップページ > 教員紹介 > 経済学主専攻
教員紹介
氏名 篠塚 友一(しのつか ともいち)

「経済学基礎論」「ミクロ経済学」「産業組織論」【ミクロ経済学/社会的選択理論/厚生経済学】


某大学の経済学部を受験すべきか商学部を受験すべきか迷っていたとき、当時その大学の商学部3年生であった方から、経済学部受験を勧められました。その方がおっしゃっておられたように、経済学は面白く、かつ有用な学問です。このことを深く理解するためには、最初の2年間は数学(線型代数、微積分)や論理学をじっくり学ぶとよいでしょう。


氏名 仲 重人(なか しげと)

「公共経済学」【公共選択論/公共経済学】


人は、自分が社会関係を通じて形成した眼鏡をとおしてこの世界を見ています。眼鏡の良し悪しについては絶対的な基準はないかもしれません。しかし、少なくとも、経済学的手法は、一つの代替的な、かつ、とても興味深い眼鏡を提供してくれると思います。私の場合はそうでした。これは、自分と社会を認識している自分の視座を変革し、異なるレベルの満足と理解を得るために役に立つかもしれません。


氏名 平沢 照雄(ひらさわ てるお)

「地域経済論」「日本経済史」「日本経済論」【現代日本経済史/地域経済・産業論/中小企業論】


グローバル化が進む中で、今日の日本経済・地域経済は大きな転換点にあります。日本経済は、どのような歴史を経て現在に至り、今後どのような方向に向かおうとしているのかに興味をもち、日本経済・地域経済の歴史と現状について学びたいという意欲的な学生に出会えることを期待しています。


氏名 平山 朝治(ひらやま あさじ)

「経済思想史」「経済学演習VI」【経済思想/経済システム・文化・思想の進化と持続/日本社会】


大学生になると、あらゆる面で、それまでと比べて自由に自分でものごとを決められるようになりますし、大学を卒業すると、これほどの自由や時間的余裕は二度と得られない人が多いでしょう。入学目的の受験勉強が終わった後、自由を持てあましたり、自由に背を向けること(カルトにはまるなど)にならないように、何ができるか、何をしたいかを予め考えて、夢を持って志望していただきたいと思います。


氏名 福住 多一(ふくざみ まさかず)

「経済数学」「基礎経済数学」【進化ゲーム理論/行動ゲーム理論】


経済学は科学です。その体系の理論的本質の多くは、数学で記述します。これを理解するには、冷徹な論理的思考力が必要です。ただし科学的に解明する対象は、社会現象とそれを構成するヒトです。これを理解するには、社会やヒトに向けた温かい眼差しと豊かな心が必要です。このように、経済学は理系・文系の境界が無い新しい総合科学です。この若い科学を意欲的な皆さんと成長させたいと思っています。


氏名 箕輪 真理(みのわ まり)

「開発経済学」「経済学演習X」【開発経済学/ラテンアメリカの経済/開発政策/社会開発】


世界は大きくて私たちの知らないことは無限です。そんな世界に生まれてきた私たちは本当に幸せ。限られた時間をどうすごし、何を考えて、いかに生きるのか、自分の選択次第です。自分の選択に責任を持って、たくましく生きてゆけるための基礎固めをする時間、それが大学での4年間です。社会学類に入学して、勉強は本当に楽しいということを実感してもらえることを願っています。


氏名 高橋 秀直(たかはし ひでなお)

「国際金融史」「経済学入門演習Ⅱ」【経済史/金融史】


知識は断片的な情 報を相互に関連付けて整理したものです。高校までの勉強
は、他の誰かが整理した教科書や受験参考書を利用するだけでした。でも、私は、他
人の視点を身につけることから一歩踏み出して、自分なりのものの見方を手にしたい
と思っています。新しいことを学ぶ度に、自分がすでに知っている知識と関連付ける
練習を続けています。授業を通じてその一端を伝えられれば幸いです。


社会学主専攻のスタッフ・教員紹介法学主専攻のスタッフ・教員紹介
政治学主専攻のスタッフ・教員紹介経済学主専攻のスタッフ・教員紹介