筑波大学 社会学類 サイトマップ [ 日本語|English ]
ホーム 学類について 授業・カリキュラム 教員 卒業生の進路 入学案内
ようこそ社会学類へ
社会学類について
専攻の紹介
授業・カリキュラム
教員紹介
キャンパスライフ
入学のご案内
卒業生の進路
授業関連情報
アクセス
サイトマップ
お問合せ
  トップページ > ようこそ社会学類へ
ようこそ社会学類へ
社会学類長 土井 隆義 先生
welcome.jpg
 ●社会学類とは:私たちが生きている日常世界は、社会によってさまざまな意味を付与されています。社会科学とは、その意味付与の在り方について研究する学問です。社会学類を構成する社会学・法学・政治学・経済学は、その社会科学のなかでも基礎的かつ主要な学問分野です。これら4つの学問分野で採用されている研究手法はそれぞれ異なりますが、私たちの社会の仕組みを明らかにし、その問題点の解決策を模索する点では共通しています。社会学類では、各分野の基礎的な素養を身につけた上で、さらに専門分野を深めていくことにより、ものごとを複眼的にとらえる思考法を培ってもらうことを目的としています。

●大学生活:社会は日々変化しています。そこに生起する問題も日々変化しています。また近年のグローバル化の進展により、ごく身近で起きる問題と国際社会の問題とが複雑に絡み合うようになっています。そこでは、社会の捉え方も、また問題の捉え方も、多面的かつ変動的なものにならざるをえません。その問題の解決策も、つねに暫定的なものでしかありえません。学生時代から、さまざまな社会問題への関心を深め、教員と一緒に、また学生どうしでも、大いに議論を戦わせてください。そして、互いに刺激しあう中で、新しい知識や思考を身につけてください。

●市民として:皆さんには、学生である以前に、まず市民としての自覚をもっていただきたいと思います。当たり前のことですが、私たちは一人では生きていけません。この社会の一員として、よりよい社会を築こうという気概をつねに持ちつづけてください。その社会は、いまや地域や日本に留まらず、全世界とシームレスにつながっています。複雑な社会問題を的確に把握しうる広い視野と能力を育むために、社会学類での大学生活をぜひ有効に活用してもらいたいと願っています。